オリンピック観戦記

ウサカモ

こんばんは!

 

オリンピックもいよいよ終盤に入ってきました。

日本勢はメダルラッシュで嬉しいかぎりです。

 

フィギュアスケートはワンツーでしたね。

羽生選手は技術点を抑えたエレメント構成が大成功でした。

最近のフィギュアスケートは技の難易度重視が偏りすぎてる気がしてたので、バランスのいい羽生選手の演技構成に個人的には好感が持てました。

 

宇野選手は、完璧にできたらトップもあっただけに最初の転倒で終わってしまいましたねww

でも、あの舞台でしっかり攻める姿勢は素晴らしいと思いました。

 

スピードスケートでは小平選手が金メダルを取ってくれました。

約2年間500メートルでは負けなしの小平選手、金メダルが当然みたいな中でプレッシャーはすごかったと思います。

小平選手はデビュー当時からなんとなく見てたのですが、実力的にはかなり前からトップだったと思います。

 

ただ・・大舞台でイマイチ勝ちきれないところがある印象でしたが、メンタルがかなり強くなってましたね。

 

スケートだけでなく、所属先探しとか色々苦労して頑張ってた選手なので、今回結果で報われてよかったなあと思いました。

 

 

日本代表のみなさま、素晴らしいパフォーマンスを見せていただいてありがとうございます。